スカイル福与歯科

スカイル福与歯科|名古屋市中区栄|歯科、ホワイトニング、インプラント、審美歯科、歯周病

E-PARK 病院

 

コンテンツ

ご予約はお電話でお気軽にどうぞ 052-241-8294

 

HOME»  入れ歯

入れ歯

入れ歯で食べたい物をおいしく食べれていますか?

入れ歯を作ってみたものの、「痛い」「噛めない」「しゃべりにくい」「笑えない」など、入れ歯に不満を持っている人や、中には、作ったけど装着していない人が多数いらっしゃるのではないでしょうか。

多くの原因は、入れ歯が動くことにあります。 動く原因は適合の問題、咬み合わせの問題、入れ歯の型・設計の問題等があると思われます。
部分義歯でも総義歯でも動かない義歯を作ることが最も大事なことです。

 

入れ歯

 

保険適用入れ歯

保険適用入れ歯

 

保険制度が適用される入れ歯には材料やデザイン、構造に細かい制約があります。

総入れ歯では材料がレジン(プラスチック樹脂)と決められているため、強度を保持するためにどうしても厚くなってしまいます。
部分入れ歯はクラスプで固定(残っている歯に針金のバネで固定)します。

見た目などの審美性や、ぴったり感・食べ物の温度の伝わりやすさ(熱伝導率が低い)などの機能性では、自費で作る入れ歯より劣りますが、経済性を考慮すると、コストパフォーマンスに優れた入れ歯といえます。

 

金属床義歯

金属床義歯は厚みが約0.5mm程度しかありません。これは、構造上の主要部分であるフレームに金属を使用しているためで、薄くて丈夫で耐久性があり金属床義歯の特徴となっています。

また、金属のフレームは熱伝導率が高いので、味覚の一要素である熱を口の中の粘膜に速やかに伝え、今まで通り美味しい食事を楽しむこともできます。

フレームにはコバルトクラム合金をはじめ数種類の金属があり、金属アレルギーの方も安心して使用できます。
金属床義歯は臭いも少なく衛生的で最良の入れ歯です。

 

金属床義歯

 

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

 

こちらは、入れ歯に金属のバネがない、「ノンクラスプデンチャー」のご紹介です。
入れ歯に金属のバネがある・ないの違いだけで口元の見た目は大きく変わります。

金属のバネがない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は、樹脂素材で作られており、他の歯と樹脂枠フィット快適で自然な美しさのある入れ歯です。

 

ノンクラスプデンチャー

金属のバネが目立ちます。

 

ノンクラスプデンチャー

金属のバネがないので、目立ちません。

 

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

 

この、入れ歯に磁石を用いた「マグネット・デンチャー(磁石式入れ歯)」を使えば、磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着し安定させることができます。 小さくても強力な磁石です。

歯根に「磁性金属(磁石にくっつきやすい金属)」を取り付け、入れ歯に「超小型磁石」を埋め込みます。 歯の無い方はインプラント(人工歯根)に磁性金属を取り付けます。金属製の入れ歯と併用することによってさらに装着感が向上します。

既存の入れ歯をそのまま使用することもでき、インプラントの本数も少なくすることができ、経済的で身体への負担も少なくなります。

 

治療の流れ

1. 診断

まず、レントゲンで歯の診断を行います。ぐらぐらしている歯が使えるかどうかを診断します。

 

2. 歯の根の治療

残した歯根に、磁石がくっつく「磁性金属」を取り付けます。
歯のない方は、ここでインプラントを埋め込む治療を行い、インプラントに「磁性金属」を取り付けます。

 

3. 入れ歯の製作

入れ歯側に「超小型磁石」を埋め込みます。磁石と磁性金属がくっついて、入れ歯を固定します。

 

4. アフターケア

マグネット・デンチャーは良く噛めて、しかも着け外しが簡単で、アフターケアが容易です。
歯科医師の指示に従って定期健診を受けてください。メンテナンスをすることで、より長く快適な状態で使用することができます。

※今お使いの入れ歯で、マグネットデンチャーに変えたい方もご相談ください。

 

治療の流れ